Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


オーストラリアワイン

豪州ワインを知ろう

BYOシステム


(レストランで人々がBYOを楽しむ様子。courtesy of Tourism Western Australia)

オーストラリアでは、「BYO」システムで皆がワインを楽しめる。それでは「BYO」とは何でしょう? 「BYO」とは、Bring Your Own のそれぞれの頭文字をとった略語で、オーストラリアのレストランの店先にはB.Y.Oと書いた看板が多々あります。この「BYO=Bring Your Own」 の意味するものは、「ワインやビールなど、あなたの好きなお酒をお持ち込みください」というもの。これこそオーストラリアならではの、便利でお得なシステムなのです。
 そもそもオーストラリアのレストランは、アルコールを販売するための「酒類取り扱いライセンス」の取得が厳しかったため、このラインセンスを持っていないお店が多かったのです。いちいちお店側がこのライセンスを取らずとも、お客さんが自分で好きなお酒を持ち込んで、楽しく飲みながら食事ができたらいいじゃないか、という考えからこのBYOシステムができたのです。持込みの際は、持ち込み料(コルケージ)が取られ、店によってはワイン1本につき5ドル、またはグラスにつき3ドルなど様々です。このようにコルケージ料をとられますが、ボトル開け、グラス提供、冷蔵などもしてくれます。実に合理的なこのシステム、なんだかオージーの食事に対する寛容さと「食事はおいしいお酒と一緒に!」という考え方が伺えますね。

BYOが可能なレストランは、中〜小規模で料理も手頃な価格である場合がほとんど。高級レストランはさすがに Licensed といって「酒類取り扱いライセンス」を取得しており、オリジナルのワインリストを用意しているため、BYO不可の場合が多いです。しかし、「食事を楽しむためには、日頃からお気に入りの1本が必要」と考えるレストラン オーナーもおり、高級レストランでありながらBYO可としているところもあります。こういう場合は、「Licensed and BYO=店で注文しても持ち込みでも、どちらでも可」であることが多く、レストランの看板写真にある「LIC/BYO」と掲示してあります。
 レストランで食事をするとき、ワインを頼むとその分食事代もかさみます。しかもレストランのワインは、ここぞとばかりに高くなっていることがよくあります。それが BYOのレストランなら、ワインの値段を気にせずに食事だけをゆっくりと楽しめるというわけです。このオーストラリアの「BYO」システムは、最近、日本にも取り入れられ実施しているレストランも稀にあるようです。日本でもこのシステムが一般的になれば、我々消費者にとってうれしい限りですね。








未成年者の飲酒は法律で禁止されています。