Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


オーストラリアワイン

豪州ワインを知ろう

豪州産ワインの特徴


オーストラリアは、南半球のワイン生産の大国であり、日本の国土の21倍の大きさ、世界で6番目に広いと言われるこの国土は、熱帯から温帯にかけて広がり、 その広さゆえ地域によって気候風土に特徴があります。ブドウ栽培が行われているのは、主に南部、南緯31〜43度の地域で、特に南東部と南西部は温暖な地中海性気候に恵まれ、土壌は石灰質で水はけも良く、ブドウ栽培に適した土壌を備えています。また温暖な気候に加え、北半球に比べ一日の日照時間が長く、昼夜の温度差が大きく、また降雨量も少ないので灌漑を行なっていることが多く、結果的に葡萄の糖度が高くなります。天候が安定しており、ブドウの栽培面積が、11万haと広範囲なため、醸造するワインの収穫量や品質は例年安定しているのです。

 南オーストラリア州は、オーストラリア全体の 約半分の葡萄を生産しています。また、ビクトリ ア州、ニュー サウス ウェールズ州、西オースト ラリア州やタスマニア州も重要な葡萄の産地が 多数あります。オーストラリアのワイン醸造技術 は、世界最先端であり、高品質のワインが数多く 生産されており、最も代表的な葡萄の品種はシ ラーズ(Shiraz)です。

現在、オーストラリアで栽培されているブドウの主な品種は、
●シラーズ(Shiraz)
●カベルネ ソーヴィニヨン(Cabernet Sauvignon)
●カベルネ フラン(Cabernet Franc)
●グルナッシュ(Grenache)
●メルロ(Merlot)
●ピノ ノワール(Pinot Noir)
●マタロ(Mataro)
●シャルドネ(Chardonnay)
●ソーヴィニヨン ブラン(Sauvignon Blanc)
●セミヨン(Semillon)
●リースリング(Riesling)

さらに、ブドウ品種の詳細を知りたい方はこちらまで

オーストラリアのシラーズ(Shiraz)種は、ヨーロッパではシラー(Syrah)と呼ばれています。このシラーズ種のオーストラリアワインは世界各国のワイン大 会において数多くの賞を受賞し成功を収めているため、世界の多くのワイン生産会社では、シラーから醸造されたワインを現在ではシラーズという銘柄 で呼びつつあります。






未成年者の飲酒は法律で禁止されています。