Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


ワインと料理

ワインと料理の組み合わせ

食材とワインの相性

「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」の組み合わせがかつては定評でしたが、この形式に特にこだわる必要はありません。ワインと料理、お互いを引き立て合うバランスを重視し、自由自在に、臨機応変に、ときには奇想天外に、あなた流の楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか。
 ここでは、あくまで基本的なワインと料理の相性をご紹介しますが、ぜひいろいろなワインを、様々な料理とともに楽しみながら、自分だけのワインとフードのベストマッチを見つけてみてはいかがでしょう。

赤/白ワイン食材作用
白ワインに合う白身の魚、貝類、鶏肉、豚肉等、グリコーゲン(糖質)の多い淡白な味わいのもの魚介類や鶏肉の臭みを白ワインの成分が消し去ります。
赤ワインに合う牛肉、小羊、鴨、脂の乗った魚など、乳酸/脂肪分の多いもの赤ワインのタンニンが口の中に残る脂っこさを洗い流してくれます。



※ワイナリーによって、ブドウ品種の区分けが異なります。上記はあくまで参考程度にご覧下さい。





「ボディ」とは何ですか? 
ワインの「コク」のことです。「ライトボディ」「ミディアムボディ」「フルボディ」と表します。渋みの多いもの、コクのあるものが「フルボディ」と呼ばれています。









未成年者の飲酒は法律で禁止されています。