Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


オーストラリアワイン

ワイン生産地域について 南オーストラリア州



クレア ヴァレーについて


■クレア ヴァレーの特徴
アデレード北部から130キロほど、バロッサ ヴァレーから北に1時間ほどドライブしたところにクレア ヴァレーがある。なだらかな丘が35キロほど南北に わたって広がっているこの地区一帯は、主に5つの地域、セブンヒルズ(Sevenhill)、クレア(Clare)、ウォーターヴェイル(Watervale)、ポリッシュ ヒル リ ヴァー(Polish Hill River)、オーバン(Auburn)からなっている。オーストラリアのなかでも最もブドウ栽培に適している涼しい地区のひとつで、特に見事 なリースリングを栽培することで知られている。冬は寒く、ブドウ熟成時期には暑い日々が続くことから、ここで醸造されるワインはデリケートでありなが ら、リッチでコクのある味わいのものができあがるのである。

この地区は、ブティックワイナリーが多く、町の中心から車で15分圏以内に40件以上のワイナリーが点在している。人々が各ワイナリーを回りやすいよう にメイン道路沿いにセラードアーが立ち並んでおり、ワイナリーを回るためのウォーキング/サイクリングコースもあるほどである。自転車を借りてワイナ リーを訪ね回るのも楽しいであろう。ワインはもちろん、素敵なレストラン、またミンタロ(Mintaro)、カパンダ(Kapunda)やブラ(Burra)といった遺産 エリアもあり開拓自体の建物を楽しむことができる。B&B(朝食付き宿)のアコモデーションで数日過ごし、この地域を満喫してみるのもいいであろう。 クレア ヴァレーはアデレードに行くのなら、ぜひ訪れたい場所のひとつである。

■クレア ヴァレーの王様、リースリング
リースリングは、クレア ヴァレーの王様と言われるほど、全てのワイナリーでリースリング種が育てられている。リースリングがコルクから受けるダメージ を最小限に防ぐために、地元のワインメーカーが集まり、クレア ヴァレーで造られた全てのリースリング種にはスクリューキャップにしようと合意するほ どであった。
この地区では、リースリングがあまりにも注目されているため、シラーズが忘れ去られがちだが、この大陸性気候のおかげでブドウがゆっくりと熟す時間 があり、深い色をしたリッチで濃厚なしっかりとした構成のシラーズができあがるのである。カベルネ ソーヴィニヨンも同様に、アルコール度の高い、深 い色をしたフレイヴァーの濃いものができあがる。他にも、シャルドネ種は地元で栽培されるセミヨンとブレンドされることが多く、グレナッシュやソー ヴィニヨン ブランも多くのワイナリーで造られている。

■気候
リースリングの成功した理由のひとつは、気候による条件が大きい。夏は暑い日々が続くが、夜間は涼しくなる大陸性気候となっており、酸がしっかりと残 る、フレイヴァーに満ちたものができあがるのだ。夏の平均気温は29度前後、冬は13度前後、年間平均降雨量は632mmとなっており、夏場には雨がほと んど降らないため、湿度は低い。オーストラリアのなかでも最も涼しいワイン栽培に適した地域なのである。収穫期は、3月初めから4月後半までとなって おり、通常はリースリングが最後に収穫される。

 クレア ヴァレーの代表的なワイナリー

ペンフォールドウエンドューリー






未成年者の飲酒は法律で禁止されています。