Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


ワインの雑学

レストランでの振る舞い方

レストランでのQ&A

Q1. グラスの回し方にマナーや決まりはありますか?
Q2. レストランに行くときのマナーを教えてください。
Q3. ソムリエの方にワインを選んでもらうときの注意点はありますか?
Q4. レストランでのワインの注ぎ方に何か決まりはありますか?
Q5. ワイングラスの持ちかたを教えてください。
Q6. 乾杯をするときのマナーはありますか?
Q7. テイスティング後、「自分の好みのワインではなかった」ため、ボトルの変更は可能ですか?
Q8. ワインをおいしく、美しく飲むためのマナーを教えてください。
Q9. ボトル1本で何人分のワインが飲めるのでしょうか?



Q1. グラスの回し方にマナーや決まりはありますか?
A. グラスを回すのは、ワインを空気に触れさせ、香りを楽しむためのもので、決まりなどは基本的にありません。回し方としては、グラスの脚の部分もしくは下の台座の部分を親指と人差し指で挟み、グラスからワインがこぼれないよう静かに内側に向かって2〜3回程度回してみましょう。ワインの香りがたち、香りを楽しむことができます。


Q2. レストランに行くときのマナーを教えてください。
A. 少し高級なレストランであれば日程が決まり次第、予約をとりましょう。日時、人数、ホストの連絡先、またコース料理の内容と価格を聞いておきます。特に、海外では予約をしておくのと予約が無いのでは、お店側のお客さんに対する扱い方が変わってくる場合があるので、なるべく予約するようにしましょう。
また、飲みたいワインがあれば、あらかじめその旨を告げておくと良いでしょう。特になければ、予算とワインの好みを伝えておくだけでも、当日のワイン選びの際に、ソムリエがアドバイスをしてくれます。


Q3. ソムリエの方にワインを選んでもらうときの注意点はありますか?
A. 好みに合わないものや、自分の予算より高価なワインを出されてしまうことを防ぐためにも、ソムリエにまず、自分のリクエストを伝えましょう。ワインの知識がなくても、何も恥ずかしがることはありません。ソムリエはそんなあなたのために存在するのです!どのような料理を注文するのか、予算はどのくらいか、自分の好みはどうかなど、条件をいくつか提示してあげるとソムリエの方も選びやすいでしょう。





Q4. レストランでのワインの注ぎ方に何か決まりはありますか?
A. 基本的にワインを注ぐのはサービス係の方に任せましょう。ワインが席から離れた場所に置いてあるのはそのためでもあります。グラスのワインが無くなれば注ぎ足してくれますので、席を立って自分で注いだりせず、サービス係の方に頼むようにしましょう。
カジュアルなレストランでは、白ワインの場合はワインクーラーを傍に置いてくれますので、自分で注いでも大丈夫です。海外では日本のビールや日本酒のように、お互いに注ぎ合うのはあまり格好の良いものとは思われないためご注意を。


Q5. ワイングラスの持ちかたを教えてください。
A. 手の体温でワインの温度が変わってしまうのを防ぐため、また指紋をつくのを防ぐために、グラスはボールの部分ではなく細長い「脚」と呼ばれる部分を持つようにしましょう。 脚の部分を指先で持つとスマートで格好よく見えます。


Q6. 乾杯をするときのマナーはありますか?
A. ワインの場合は、ビールなどのように勢いよくグラスを合わせるのではなく、グラスを軽くあげ、傾け合うぐらいがスマートな乾杯の仕方だと言えるでしょう。グラスが割れてしまったり、欠けてしまっては、ワイン自体もその場の雰囲気も台無しです。上品に軽く、素敵な音が出るようにグラスで乾杯しましょう。このとき、薄くて上等なワイングラスほど素敵な心地良い音が響き渡ります。


Q7. テイスティング後、「自分の好みのワインではなかった」ため、ボトルの変更は可能ですか?
A. 答えはノーです。テイスティング後、「好みに合わない」という理由で取り替える場合は、「新たに注文するワイン」として扱われることになります。もちろん、その場合はその新しい分のワイン代を支払うことになります。ワインが明らかに傷んでいる(カビ臭い、金属臭、お酢のような香りなどの不快な香り)場合のみ、取り替えてもらうようにしましょう。


Q8. ワインをおいしく、美しく飲むためのマナーを教えてください。
A. ワインを飲みながら料理を頂く際、どうしてもお肉や魚などの脂っぽいものがメイン料理になることが多いため、グラスに料理の脂がつきがちです。また女性の場合は、口紅などもグラスに着いてしまうこともよくあるでしょう。べったりと汚れのついたワイングラスでは、見た目にも悪く、ワインの香りや味を損ねてしまう場合があります。さりげなく唇の汚れをナプキンで拭き取ってから飲みましょう。


Q9. ボトル1本で何人分のワインが飲めるのでしょうか?
A. ワインのボトル1本の容量は750ml。グラスに3分の1程度(約120ml)注ぐとして、約6杯分になります。4人で飲むと、ひとり1杯もしくは2杯の計算になります。レストランでワインをオーダーするときは、人数とそれぞれの飲める許容量を考え、飲み残しがないようにするのがマナーです。もし、これ以上飲めないと思ったら、グラスに注がれる前にサービス係の方に断りましょう。万が一、グラスにワインが残ったとしても、無理して飲みほす必要はありません。無理をするよりも、おいしいくワインと料理を頂いた、と気持ちよくレストランを出たほうが後味がよいものです。






未成年者の飲酒は法律で禁止されています。