Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


オーストラリアワイン

代表的なワイナリー



ルーウィン エステート
 ■設立年:1974年
 ■オーナー:トリシア ホーガン、デニス ホーガン
 ■醸造責任者:ポール アトウッド、デイミアン ノース


■ルーウィン エステート設立まで
マーガレット リヴァーと言えば、ルーウィン エステートと言われるほど、このワイナリーは世界でも有数の素晴らしいワインを継続的に生産することで知られている。ダイレクターであるデニスとトリシア ホーガン夫妻とコンサルタントであるロバート モンダヴィのもと、もともとは家畜農場だった場所からブドウ栽培をスタート。デニス ホーガン氏の「至高の追求」を目指すことにより、ルーウィン エステートは、現在ではオーストラリアを代表するプレミアムのワイン造りを行うワイナリーのひとつになったのである。
1974年に苗木が植えられ、1975年から5年ほどかけて土地を耕すことから始め、区画整理し、ヴィンヤードが作られていった。様々な美術の作品を含む建物がヴィンヤード内に1978年に完成し、1979年には最初のワインが商品として市場に出回るようになっていった。その後、さっそく雑誌「DecanterMagazine」が開催したインターナショナル ブラインド テイスティングにおいて、ルーウィン エステート1980年のアートシリーズ(Art Series)の シャルドネが高い評価をさっそく得、国際的にもスポットライトを浴びるようになったのである。非常に熟練したワイン作りにひたむきなチームメンバーたちは、2代に渡った家族経営によるダイレクションのもと、現在では30カ国以上に輸出するほどまで成長してきたのである。

■ルーウィン エステート ワイナリーの特徴
■ヴィンヤード



ヴィンヤードは年間を通して、環境に配慮し、量よりも質を常に重視している。このため、ルーウィンは常に収穫量を抑えてブドウの品質を高めるなど、ルーウィンの求める栽培方法を実践。 また、強風からブドウのつぼみがダメージを受けるのを緩和するために、ブドウの樹を守るための大規模なプログラムを実践している。例えば、風よけのために背の高い穀物の植物をヴィンヤード内に2列置きに植えている。また、鳥から受けるダメージ、特にオウムからの被害を防ぐために、たくさんのひまわりをヴィンヤードの周辺に植えるなど、これらの環境に配慮する姿勢、行き届いたヴィンヤードの管理・マネージメントのもと、素晴らしいフルーツが実ることが可能となっている。
また、注意深い研究、ブドウの木の移植などのプロセスを経て、ルーウィンのヴィンヤードでは、シャルドネ、リースリング、ソーヴィニヨン ブラン、シラーズ、カベルネ ソーヴィニヨンなど多種多様なブドウ種を生産している。


■ワインメーキング



‘素晴らしいワインは、素晴らしいヴィンヤードから生まれるものである’と言われるように、ルーウィンではブドウ栽培者とワインメーカーが全てのワイン作りのプロセスにおいて、お互い協力し合う事によって、より秀でた素晴らしいワインが造られている。このワイナリーでは、ヨーロッパのワイン作りのテクニックに学び、ワインの生み出す複雑さ、バランスに特に気を配り、ワイン造りを行っている。
また、南半球で最もモダンなワイナリーの一つとして知られているルーウィンは、ワインメーカーにとって心強い最新のテクノロジーが常に使用されている。もちろんワインメーカーの熟練さも世界トップレベルである。彼らブドウ栽培者は、特定の畑、もしくは同じ畑のなかでも特定の区画のみ、あるいはある列のみが、特にカベルネもしくはシャルドネ種にとってベストなブドウが実るかを見分けることができるのである。その特徴に合わせ、醸造家が、長期熟成スタイルのアートシリーズ果実風味豊かな早飲みタイプのプレリュード シリーズなど、どのスタイルにブドウを使用するかを決めていくという非常に高度な技を持ち合わせている。このように近代的なテクノロジーと伝統的なワインメーカーの熟練さが、うまく組み合わされることにより、高く評価されるワインが生まれるのである。


■気候/土壌



この地域は3方を海に囲まれていることから、オーストリラリアのどのワイン産地よりも海洋性気候の影響を強く受けている。年間の最高と最低の平均温度幅は7.6℃程度しかなく、また10月から4月までの期間には年間降雨量の25%のみという非常にはっきりとした地中海性気候となっている。昼夜の気温差ならびに季節間の気温差が少ないため、大切な春の時期に霜が降りることもない。このため年間を通じて暖かさが保たれている。  主な土壌は、花崗岩と片麻岩の砂利が入った砂質壌土から成っており、これら砂混じりの灰色ローム質の表土と粘土質ロームが主である。湿気の多い時の浸透性は非常に良いが、斜面では保水能力が低く問題となり、総体的に見ても保水能力が低いため灌漑が必要な地域である。


■「3シリーズに分けられるルーウィン エステート」
“アートシリーズ(Art Series)”, “プレリュード(Prelude Vineyards)” そして “ジブリングス(Siblings)”の 3つのシリーズにルーウィンのワインは分けられる。

■アートシリーズ(Art Series)



“アートシリーズ”は、ルーウィンのなかでも、最も贅沢な熟成を考慮したワインと言われ、シャルドネを筆頭にルーウィンの顔とも言われている。このアートシリーズのラベルは、毎年、「オーストラリア現代画家コレクション」のなかから選べられており、個性的なラベルとしても良く知られている。これらからもワインを芸術としてみるルーウィンの姿勢が良く現れていると言えるであろう。特に、シャルドネ、カベルネ ソーヴィニヨンはアートシリーズのなかでも傑作品であると国内外で高い評価を得ており、ワインコレクターがのどから手が出るほど人気なワインとなっている。このアートシリーズのシャルドネを飲んで、あるオーストラリアのワイン評論家が評したコメントが「BMWの値段で買えるロールスロイス」。つまり、それほどまでにコストパフォーマンスが高く、その味わいはまさにプレミアムであり、世界のオークションにおいても非常に高い値がつけられているのだ。


■プレリュード ヴィンヤード(Prelude Vineyards)



アートシリーズは、熟成を考慮した非常に贅沢なワインとして知られている一方、“プレリュード ヴィンヤード”は、ワインがリリースされてからすぐに飲めるように、フルーティで早熟タイプのブドウを使用。シャルドネやカベルネ メルロがこのラベルのもとでリリースされている。醸造方法は、アートシリーズと同じであり、飲みやすさのなかにも複雑さが十分楽しめるシリーズである。


■ジブリングス シリーズ(Siblings Series)



“ジブリングス シリーズ”では、約50%は自社畑のブドウを使用し、残りはマーガレット リヴァー地区の信頼のおける地元の栽培者から購入しそれらをブレンドすることで、ジブリングスは生まれる。セミヨン ソーヴニヨンとシラーズがこのラベルのもとでリリースされている。


■インターナショナル賞賛
「至高の追求」を目指し続け、世界レベルにおいて最高級なワインを生産し提供することを目標にしてきたルーウィンは、ワインはもちろん、レストラン、芸術面、環境面においても他のワイナリーとは一線を引いており、ワイン業界のリーダーとして多数の賞を受賞してきた。
“アートシリーズ”のシャルドネは、最初のヴィンテージである1980年が、シドニーのワインショーで金メダルを獲得した以来、以後数々の賞を受賞。1981年のロンドンインターナショナル ワイン チャレンジのシャルドネ部門での優勝は、ルーウィン エステートの名を世界中に広め、1986年も再度インターナショナル ワイン チャレンジにおいて高得点を獲得。1999年には、アメリカの雑誌「ワイン&スピリッツ」においてインターナショナル ワイナリー オブ ザイヤー賞に選ばれる。
世界のトップワインのみを取り扱っているフランスのワイン雑誌「100 Vins De Legende」において、ルーウィンのワインは常に最高級のレベルに選ばれている。オーストラリアの最も大きいワインのオークションの会社、ラングトン(www.langtons.com.au)は、ルーウィンのシャルドネを最高級クラスに位置づけており、オーストラリアのワイン雑誌「ワイン スペクター」においても表紙を飾るほどである。この「ワイン スペクター」の雑誌において、2002年には、ルーウィン1999年アートシリーズ シャルドネ(1999 Art Series Chardonnay)がトップ100のワインのうち33位、97点を獲得。ルーウィン2001年アートシリーズ シャルドネ(2001 Art Series Chardonnay)は、2004年のトップ100のワインのうち24位に選ばれ、98点をスコアし、世界最高のシャルドネのひとつとして認められているのである。


■ルーウィン コンサート
西オーストラリア州の州都パースから360kmほどのところに位置する綺麗なマーガレット リヴァー地区にあるルーウィンは、世界各国から訪れる旅行者にとって、観光メッカのひとつに成りつつある。1985年から行われている、毎年2月に行われている「ルーウィン コンサート」では、世界的に著名な音楽家を迎えて大規模なコンサートを開催している。ベルリン ステート交響楽団、ダイアナ ロス、レイ チャールズなど驚くほど有名な歌手などを招いて行う年一度のこのルーウィン コンサートは、マーガレト リヴァーの大きな行事のひとつになっており、コンサートには国内からだけでなく海外からも数千人の人々が集まるのである。素敵な音楽とワイナリーが用意する料理とワインを楽しみながら、優雅なひとときを過ごすことができ、まさにルーウィン エステートは「ワインと芸術」が融合するワイナリーなのである
パースからルーウィン エステート間を飛行する飛行便をチャーターすることも可能で、いくつかの便が毎日フライトしている。近辺のツアー、ゴルフ、数々のレストランや宿泊施設なども楽しめる。ワイナリーのなかでもぜひ一度、訪れたい場所のひとつである。


 ルーウィン エステートのお取り扱いワイン

ルーウィン エステートルーウィン エステートショップで詳細を見る






未成年者の飲酒は法律で禁止されています。