Prestige Australian Wines
お気に入りに追加 お問い合わせ ショップ Prestige Australian Wines ホーム



ワインの入門

ワインの雑学

ワインと料理

オーストラリアワイン


よくある質問Q&Aコーナー

会社案内

店長佳代のブログ

リンク


オーストラリアワイン

代表的なワイナリー



ペンフォールド
 ■設立年:1844年
 ■オーナー:ジェイミー オーデル
 ■醸造責任者:ピーター ゲイゴ


■ペンフォールドワイナリー設立まで
イギリスからオーストラリアに移住してきた医師であるクリストファー ローソン ペンフォールド氏によって、ペンフォールド社は、1844年に創業される。治療用の薬としてワインを造るために、南オーストラリア州の主都アデレードの近郊、マギル(Magill)にある彼の農場の小屋周辺に妻のメアリーと共にブドウを植えたのが始まりである。

1870年にペンフォールド氏が死去し、妻メアリーが代わってペンフォールド社を経営。35年の年月をかけて会社を大きくしていき、1884年の亡くなる前日までビジネスに携わる。その後、娘のジョージニアと義理の息子トーマス ハイランドが跡継ぎとなる。その後1920年代、彼らの二人息子であるフランクとレスリーがビジネスに加わり、第二次世界大戦後までペンフォールド者の主な経営に携わることになるのであった。この1920年代には、ペンフォールド社のワインマーケットは非常に拡大し、なんと国内で販売される2本に1本のワインはペンフォールドのラベルが貼ってあるほどとなったのである。

第2次世界大戦後、ポート等の酒精強化ワインが主流であった1950年代であったが、消費者のワイン嗜好が変化してきたこと共に、テーブルワインに力を入れる必要があると信じ、ペンフォールド社で1930年代から働き始めていた当時は主任ワイン醸造家であったマックス シューバート氏は、1951年にワイン研究のためヨーロッパを訪れる。フランスのボルドーで出会った、ある1本の赤ワインに魅了されたマックスは、そのワイン醸造技術にヒントを得、これをもとに、実験的にマギルのヴィンヤードから収穫したシラーズ種で「グランジ ハーミテイジ(Grange Hermitage)」(ハーミテイジは、シラーズの別名)を造る。50年以上経つ現在でも、このグランジは世界的にも認められる最高峰のワインとなったのである。

オーストラリアのワインメーカーとして老舗中の老舗であるペンフォールド社は、160年の歴史を経て、現在ではアデレードバロッサ ヴァレーマックラレーン ヴェールクレア ヴァレークナワラなどオーストラリア各地にワイナリーを所有している。創業者の名前から名付けた手頃な価格の「ローソンズリトリート(Rawsons Retreat)」から「グランジ(Grange)」にいたるまで、「各年に実ったブドウから、可能な限り最高品質のワインを造り提供する」をポリシーとしており、誰もがうなるような素晴らしい最高峰のワインを世界中に送り出し続け、特に高級ワインメーカーとしてその名を世界中で知られている。

■ペンフォールド グランジとは?
オーストラリアのワインのなかでもシラーズを語る上で避けて通れないのが、「ペンフォールド社のグランジ」である。1950年代初期に始まったこの「グランジ(Grange)」はオーストラリア赤ワインの最高峰として50年以上にもわたり現在までその地位は変わることなく、世界最高の赤ワインとして世界中で名を知られている。

1995年には有名なワイン誌「ワイン スペクテーター」において、「ペンフォールド グランジ1990は‘世界でベストな赤ワインである’」とコメントされ、その名声は揺るぎないものとなっている。オークションでもなかなか手に入らないこの「グランジ」、ワイン愛好家の垂涎の的になっている。
このオーストラリアを代表するグランジは、現代まで決して妥協することなく伝統的なワインメーキングを行っている。これらのペンフォールド社が所有する各地のワイナリーから厳選に厳選を重ね最高品質と認められたブドウのみ、シラーズ種を主体とし収穫され、これらをブレンドすることで造られるのが「グランジ」である。つまり、グランジ専用のブドウ畑は無く、複数の畑から数十年から100年に及ぶ老樹を選定し、グランジにふさわしいロットを収穫していくのである。もともと「グランジ ハーミテイジ(Grange Hermitage)」と呼ばれていたが、1990年から「グランジ(Grange)」と称されるようになった。

マックス スチュバートによってもたらされたこの醸造方法によって、その独特のスタイルを保ち、他の赤ワインとの差別化を図っている。15年から20年ほどワインを寝かすことで、よりおいしいワインにできあがると言われている。余韻は長くのびやかで、年代を置けばおくほど熟成し、そのクオリティーを上昇させ続ける寿命の長いワイン、これが「グランジ」なのである。凝縮された果実味と骨太で濃厚なまでのコクを持ちながら、それをしつこさと感じさせない繊細さ、滑らかさを持ち合わせた味わいが、まさに最高級ワインの実力を見せつけていると言えよう。

 ペンフォールドのお取り扱いワイン

ペンフォールドペンフォールドペンフォールドショップで詳細を見る






未成年者の飲酒は法律で禁止されています。